色彩検定の学習内容

続いて、色彩検定の学習内容を確認していきます。
まずは以下をご覧下さい。

色彩検定3級
色の表示、色名、光と色、混色、色の三属性、ファッション・インテリアの環境色彩など の基礎知識

色彩検定2級
色彩文化、色名、証明、心理的評価方法、配色技法、色彩効果、ファッション・インテリア・環境の色彩計画などの知識。これらの知識に加え3級の知識が必要

色彩検定1級
色彩管理、色の知覚、ファッション・プロダクト・インテリアカラーコーディネーションなど の知識。これらの知識に加え、2級と3級の知識が必要

色彩検定の特徴は、実践を想定した問題が多く、カラーサンプルや事例に関することを 学んで行きます。
また、カラーカードを張りながら学習していくので、配色や色彩の調和を考えながら、
勉強していきます。
そのため、色の知識がまったくない方でも、楽しく勉強していくことが可能です。

しかし、実践問題が多いので、独学での勉強だけでは厳しい事もあります。
やはり、実際に実演を見ながら学習していかないと、
理解するのが大変な場面も多々出てきます。

特に1級の2次試験では実際にカラーカードを貼り付ける実技問題が出題されるので、
独学だけ理解するのは容易ではありません。

ただ、このサイトで何度も言っているように、色彩検定は初心者でもわかりやすく、
勉強のしやすさはあると思います。

それに、上記の学習内容をみてもわかるように、
色彩検定は2級からでも各専門的知識が学べるので、実践で応用のしやすさもあります。

とにかく、色彩の基本を学ぶ入り口としては、色彩検定は非常にオススメ出来ます。
尚、配色体系は、日本色彩研究所が開発した、
日本色研配色体系というものを 重要視しています。
そのことは覚えておいて下さい。