カラーコーディネーター検定は独学で合格できるか?

カラーコーディネーター検定の勉強を独学でする方は、 非常に多いはずです。
あるデーターによると、6割以上の方がカラーコーディネーター検定に
独学で勉強していると聞きます。

そこで、皆さんが気になるのは、
カラーコーディネーター検定は独学で合格できるのかと言う事だと思います。

結論を言えば、カラーコーディネーター検定は独学で合格出来ますし、
そう言った人達も沢山います。

また、カラーコーディネーター検定は、公式テキストや公式問題集が用意されているので、
勉強のしやすさもあります。

しかし、理解しなければいけないことは、独学だと勉強量(勉強時間)が多くなるという 事です。

言葉でカラーコーディネーター検定に独学で合格出来ると言う事は簡単ですが、
その裏にあるデメリットを十分に理解しなければなりません。

例えば、カラーコーディネーター検定に独学で勉強した場合、
テキストだけで知識の理解をする事になります。

しかし、文字を読んでそれを全て理解するのは、容易なことではありません。

現に皆さんも学生時代は、 学校の授業や塾の講義を受けらながら勉強していたと思うので、
テキストだけで勉強する大変さは想像付くと思います。

また、カラーコーディネーター検定の特性上、
実際のカラーカードなどを使いながら言葉で解説してもらわなければ、
理解しにくい項目も沢山あります。

その他にも大変なことがまだまだあり、
上げればきりがないので これ以上のデメリットは上げませんが、
とにかくカラーコーディネーター検定を独学で勉強した場合
時間がかかるということだけではご理解下さい。

どのくらい、必要かは一概にいえませんが、
スクールや通信講座の倍くらいは 勉強量が必要でしょう!

それともう一つ言っておきたいのが、
インターネットでの信憑性のない情報や誰かの言葉をそのまま鵜呑みにしない事も必要です。

例えば、「公式テキストと問題集を1・2回くらい返したら合格できた」とか、
「カラーコーディネーター検定は独学でも簡単に合格できる」とかです。

これらのようなことは、実際にそうなのか疑わしいものでもありますし、
例え本当でも、言葉だけだと楽に合格できるような気分になり、
誤解してしまう恐れがあります。

カラーコーディネーター検定に合格する事は決して楽なことではありません。
独学だとなると、なお更そうなります。

カラーコーディネーター検定は独学で勉強する方が多い一方、
不合格になる方も圧倒的に多い現実もあるのです。

カラーコーディネーター検定を独学で挑戦する方は、
半年以上は腰を据えて勉強する覚悟をして下さい。