就職に臨むにあたって

カラーコーディネーター検定にしても、色彩検定にしても、実際に仕事を手に入れたい場合や
仕事を有利に進めていきたい場合は、黙っていてはいけません。

たとえば、就職の際にどうなるのか見てみましょう。
就職面接を受けるときですが、ただ履歴書や職務経歴書に「カラーコーディネーター検定●級合格」あるいは「色彩検定●級取得」と書いておくだけでは、おそらく期待した結果にはあずかれません。面接担当者が興味を持ってくれる可能性はありますが、カラーコーディネーターも色彩検定も元来、業務独占資格ではありませんし国家資格でもありません。資格を持っていることを積極的に利用する道を自分から探らないと、結果はついてこないのです。

就職面接であれば、その資格を持っていることや、カラーについての知識をPRしながらどんなことが得意なのか、どんなことをしていきたい(それによって、「御社にこれこれこのような恩恵があります」といった範囲まで述べたいところ)のか、的確に説明したほうがよいでしょう。

また、実際に就職してからも、いきなりカラーコーディネーター・色彩検定のスキルを活かす場があるとは限りません。むしろ少ないでしょう。他の仕事をきちんとこなしながら、自分の持っているカラーの知識な能力を活かし、周囲に向けてPRしていくことを考えないといけません。簡単にできることではありませんが、成功している人たちは実際にそれに近いことをやっているはずです。

もともと資格とは、自分自身の人生やキャリアを切り開くために取得する技能です。仕事人生というものを真摯に考えれば、答えはいつか必ず出てくるでしょう。資格を取るとなると、まず受験のことで頭がいっぱいになってしまいますが、合格してからのこともじっくりと考えていきましょう。