カラーコーディネーター検定の学習内容

カラーコーディネーター検定では、どのような学習をするのか見て行きたいと思います。
具体的な内容は、後々勉強していけばわかるので、
ここでは 簡単な全体像を把握して下さい。

カラーコーディネーター検定3級の学習内容
光と色に関する物理学、色の知覚と感情効果に関する心理学、色彩文化、色彩調和、
目の構造に関する生物学などの基礎知識

カラーコーディネーター検定2級の学習内容
色彩の物理学、側色学、生理学、色彩計画、色彩の応用などの専門知識

カラーコーディネーター検定1級の学習内容
ファッション色彩:ファッションやパーソナルスタイリングの色彩に関する 技術と指導能力
商品色彩:商品開発や販売に関する色彩提案と指導能力
環境色彩:建築・環境などの色彩計画に関する技能と指導能力

以上のようなことを学習することになります。

カラーコーディネーター検定は、工業系の側色に関する問題が充実しているので、
物理学的な問われ方がされます。
また、配色は、商工会議所が開発したカラーゴーディネーションがチャートを重要視しています。

現時点では何のことだかさっぱりわからないと思いますが、
要するに、2級は3級の応用、1級は2級と3級の応用といったイメージです。

このことは実際に勉強していけばわかりますが、
カラーコーディネーター検定は、暗記の要素が強いので、勉強量が要求されます。
また、1級になれば各分野の専門的な知識が深く要求されるので、
さらにその傾向が強くなります。

ですので、階級によっても変わりますが、出題範囲を絞って効率的に学習しないと、
挫折してしまう可能性も高くなるのです。

具合的な勉強法は別のページでお伝えするとして、
まずは、いきなり完璧に覚えようとしないで全体像を掴むことが重要です。
つまり、どのような学習をするか、イメージを強く持つことが、
カラーコーディネーター検定では必要になります。

はじめの取っ付きにくさはありますが、その分かなり専門的な知識を習得で来ます。