カラーコーディネーターの仕事について

カラーコーディネーターの仕事とはどのようなものなのか、
考えて行きたいと思います。

カラーコーディネーターと言っても、その仕事内容は多岐に渡り、
一言でカラーコーディネーターの仕事を説明するのは非常に難しいのです。

例えば、カラーコーディネーターとひとくくりに言っても、
カラーコンサルタント、カラーデザイナー、カラーリスト、カラープランナーなど があります。
どの仕事も色彩の専門家として活躍していますが、仕事内容はバラバラです。

また、カラーコーディネーターの仕事という、色彩の専門化としてではなく、
その知識を活かして活躍している人も沢山います。 (このケースが一番多い)
具体的には、雑誌やホームページなどのデザイナー、建築デザイナー、インテリアデザイナー、
ファッションデザイナー、商品の企画・開発者などです。

つまり、これがカラーコーディネーターの仕事だということ言えません。

ただ、そのようにいってしまえば、カラーコーディネーターについて理解できないので、
ここではカラープランナーの仕事を紹介したいと思います。

カラープランナーとは、色の効果を科学的・心理学的に捉え、
それをデーターとして現し、 理論的に商品開発や経営などに活かす提案をする専門家です

例えば、商品開発をする際、カラーは大変重要な意味を持ちます。
どのカラーを選ぶかによって売上にも大きく影響してきます。

また、現在のように消費者のニーズが多様化して、商品のライフサイクルも短い中では、
コストをあまりかけずに成果が出せるカラー選びが重要視されるのです。

そこで、登場するのはカラープランナーです。

カラープランナーは、その商品のターゲット、コンセプト、企業イメージ、消費者のニーズなどを色という観点から分析して、企業に提案していきます。
そして、デザイナーと様々な状況を考えながら形にしていくのです。

このような仕事を行なっています。
ですから、主な活躍の場は、 広告代理店やカラーマーケティングの専門会社、
今では大手塗料メーカーでもその実力は発揮しています。

他にもカラーコーディネーターの仕事は色々あり、
学習していくうちにどのような仕事に活かせるのか理解できてくると思います。